スタシオンライン

テレビで紹介された注目スポット「木下」も近い。 印西でグルメと歴史を楽しむ 新生活をはじめませんか?

スタシオンから車で約15分。利根川の近くにある木下(きおろし)をご存知ですか?江戸時代に、木材や鮮魚を運ぶ拠点として栄えたこの町は、今もなお古き良き時代のなごりを残しています。また、日本の美味しい文化を体験できる、お団子やお煎餅といった和のグルメのお店も充実。今回はその中でも、特に地元の方から評判のお店を特集しました。自分へのご褒美にするもよし、ちょっとしたお土産に買うもよし。木下の町から、楽しく、おいしく、あなたらしい印西ライフをはじめてみませんか?

地元の方から、長く愛されているお団子屋さん
【久七団子】

○午前中には売り切れてしまうこともある人気っぷり
開店前に列ができることも多い「 久七団子」。こちらのお店は、天気や季節により製造本数が増減し、その日の分がなくなり次第、販売が終了してしまうため、「絶対食べたい!!」という方は予約必須の人気店です。朝から並べば、まだほんのりあたたかさの残る、出来立てのお団子を食べることができます。柔らかく、だけどねちっとした弾力のあるお団子を頬張る幸せといったら…!

〇材料からこだわった、みたらしとあんだんごは出来立てを
お味はみたらしとあんだんごの2種類があり、どちらも材料からこだわっているそう。みたらしに使われているお醤油は、久七団子用に製造元でつくられたオリジナルです。餡子も、北海道産の小豆を丁寧に煮てつくっているため、ほかとは一味違う美味しさが楽しめます。しっかりした塩気が、餡子の甘さをよりひきたてて、あたたかいお茶ともよく合う逸品です。店内に飲食スペースはないですが、近くに流れる弁天川のそばのベンチで、のんびりおやつの時間!なんていかがでしょうか?

【久七団子】
住所:印西市大森4368
電話番号:0476-42-2554
営業時間: 8:00~(売切れ次第終了) 水曜日・金曜日定休

あとひく美味しさの手焼き煎餅が自慢
【川村商店】

○創業90年。木下名物の手焼き煎餅を駅前でいただく
印西市、木下地区の名物といえば、香ばしい醤油味が特徴の手焼き煎餅。JR木下駅をおりてすぐの「川村商店」は、創業90年以上手焼き煎餅一筋のお店です。川村商店の煎餅の特徴は、なんといっても地元のコシヒカリを原料につかっていること。余計なものは使わず、炭火で1枚1枚丁寧に焼き上げた煎餅は、パリッとした触感が楽しく、ついもう一枚、と手が伸びます。クセになる美味しさで、「あとひき煎餅」とも呼ばれることもあるそう。

○地元のコシヒカリを使った、家族みんなが好きな味
1枚、5枚と少量からでも購入できるので、自分や家族のおやつにするのもおすすめです。ちょっとしたお土産にもぴったりな箱詰めの販売は10枚から。お得な割れせんべいや白焼きなどがでていることもあります。素材の味を大切にしたこの煎餅は、添加物などを使用していないので、お子様も安心して食べられるのが嬉しいですね。一家団欒のおともに、木下の名物をどうぞ。

【川村商店】
住所:千葉県印西市木下1626
電話番号:0476-42-2220
営業時間:
月~金:8:30~19:00
土:9:00~18:00
日・祭日:9:00~16:00

丁寧につくられた和菓子を味わうなら
【菓匠 川村】

○3代目がつくる、優しい甘さの和菓子がいろいろ
「麩饅頭あります」という言葉にひかれて、お邪魔した和菓子屋、「菓匠 川村」。品川で30年、木下で70年以上つづくという老舗店です。現在のご主人は3代目。お話を伺うと、麩饅頭とは生麩をつかって餡をつつんだ饅頭のことで、 菓匠 川村では青のりを練りこんでいるのが特徴だそう。笹に包まれて冷凍されており、2時間ほど自然解凍すると美味しくいただけます。

○食後のデザートにも、ちょっとした手土産にも。
店内にはほかにも、季節を意識しひとつひとつ丁寧につくられた美しい和菓子が並びます。詰め合わせの販売は2000円から。抹茶餡と栗をつつんだ印西銘菓「木下茶舟」や、餡たっぷりのどら焼きなど、家族みんなで楽しめる素朴な和菓子がたくさんはいっています。優しいご主人のお話をききながら、お気に入りの逸品を選んだら、きりっと冷えた緑茶と一緒に楽しんで。

【菓匠 川村】
住所:千葉県印西市大森2310
電話番号:0476-42-2280
営業時間:9:00~18:00 不定休

創業150年の老舗で、こだわりの蕎麦を
【手打ち蕎麦柏屋】

○「そば」も「つゆ」も、江戸時代から変わらない製法で
木造の雰囲気あるたたずまいが目をひく 「手打ち蕎麦柏屋」は、江戸時代から続く老舗のお蕎麦屋さんです。現在は6代目が切り盛りしています。まるで田舎に帰ってきたように、ゆったり食事ができるのが柏屋の人気の秘密。店内は広く、おだしのいい香りと、どこか昔懐かしい空気が漂います。地元の方だけでなく、観光にきた方や、仕事のあいまに立ち寄る方も多いそう。休日のお昼時は家族連れでにぎわっています。

○そば以外に、丼などのメニューも充実
気さくな店員さんにおすすめを伺い、今回は上天ぷらそばと、上天ざるそばを注文。どちらも、しっかりコシのあるそばと、ボリュームある天ぷらが楽しめ、心もお腹も大満足です。丼の種類も多く、小さなサイズは550円で食べられるのが嬉しいところ。食べ盛りの子供がいても安心ですね。 駐車場も広めに用意されているので、車でのおでかけでも気軽に寄ることができます。肌寒い季節の木下散策のおともに、おすすめしたいお店です。

【手打ち蕎麦柏屋】
住所:千葉県印西市木下1400
電話番号:0476-42-2043
営業時間:11:00~18:30 火曜日定休

今月の木下特集はいかがでしたか?利根川に高瀬船が行き交っていたころ、木下街道や鮮魚道で江戸と結ばれた木下の町は、交通の要衝として発展しました。当時は飲食店が多くとても賑やかだったそうです。現在も、街道に沿って古い民家が点在しており、美味しいグルメが味わえるお店がたくさん残っています。スタシオンから車ですぐの木下を、歴史に親しみながら散策してみるのも、楽しい秋の過ごし方かも?お腹がすいたら、ぜひお気に入りのお店を探してみてくださいね。(スタシオンライン編集部:川口)

※このページの情報は、掲載時点のものです。

Page Top