スタシオンライン

お祭りだけじゃない♪ 千葉の小江戸、水郷の町「佐原」で楽しむ休日 スタシオン、秋のおでかけ特集(後編)♪

スタシオンから車で約1時間(電車約1時間半)、佐原で楽しむ休日は、情緒ある風情とゆったりとした時間が魅力の休日。今回は、午後の散歩から川辺で楽しむ夜のひとときまで、1日の後半の過ごし方を特集してお届けします。見どころと遊びどころ豊富なスタシオンライフ、お楽しみはこれからですね。

PM14:30 和モダンな甘味処で舌鼓【いなえ】

●午後のひとときは、地元にもファンが多い話題のお店へ
佐原の「佐」の字を、ほどいて「いなえ」。店名から地元への思いがあふれ出るこのお店は、ナチュラルライフにこだわる方々に、ぜひのぞいていただきたい甘味処です。明治時代に建てられた商屋を改修したという明るい店内は、天井が高く開放的な雰囲気。窓際の席からは中庭が見え、落ち着いた時間を過ごすのにぴったりです。

●味変が楽しいかき氷!
お店の看板メニューはかき氷。1年中いただけるさわやかな逸品にはファンも多いそう。季節限定のかき氷にもひかれつつ、今回は1番人気の「和三盆すだち」をいただきます。数種類の砂糖をまぜてつくったオリジナルの蜜がかかった氷は、繊細で上品な甘さ!そのまま食べてももちろん美味しいのですが、別添えの徳島産すだちをしぼると、ぐっと味がひきしまり、さらに美味しくいただくことができます。ぜひ自分好みの「酸っぱさ」を見つけてみて♪粟ぜんざいやクリームあんみつも美味しく、こだわりの一品を食べに何度も伺いたくなる素敵なお店です。

PM15:00 ちょっと大人の社会見学?【東薫酒造】

●江戸時代から続く酒蔵でひと味違う体験
最近では、お洒落な女性のあいだでもブームになっている日本酒。佐原にある東薫酒造は、江戸時代に創業し、今なお続く老舗酒蔵です。その創業者は伊能家に弟子入りし、酒造業を習得発展させたと伝えられています。

●日本酒の奥深さを知って、飲み比べを楽しんで
ここでは、酒蔵の無料見学会を行っており、お酒好きに大人気。スタッフの方の説明を聞きながら、日本酒の奥深さに触れることができます。もちろん、試飲会もお楽しみの1つ!日本酒だけでなく、梅酒やどぶろく、アルコールをとばした甘酒など、代々続く酒蔵で職人が丹精込めて作り出す味わい深い世界を体験できます。十人の口にあうように、と名付けられた「叶」、そして「夢」というお酒を一緒に飲むと、大切な夢が叶うかも・・・?ショップも併設されているので、家族へのお土産も探してみてください♪

PM16:30 忠敬ゆかりの喫茶店で、ひとやすみ【遅歩庵いのう】

●趣のある喫茶店で、リラックスタイムを
伊能忠敬記念館のすぐそば、「遅歩庵(ちぶあん)いのう」。趣のあるこの喫茶店は、伊能本家17代が営む。忠敬は分家の養子にあたる。ドラマの撮影にも使われたことがあり、「東京バンドワゴン」という大きな看板が目印。香ばしいコーヒーのにおいに誘われて、さっそく扉をひらきます。

●佐原の歴史と伊能忠敬を話題に、珈琲を楽しむ
遅歩庵いのうのメニューは、ハンドドリップによる珈琲をはじめ、有機栽培の抹茶でいれた抹茶オレ、フレッシュジュースやいちごセーキなど、どこか懐かしい。甘味も楽しめ、季節を問わず「田舎しるこ」が特におすすめです。器にもこだわりがあり、江戸時代から使われている漆器で提供されます。落ち着いた雰囲気の店内には、伊能本家で300年以上前から使用されていた楓の板戸や欄間が残っています。気さくな奥様にぜひお話を聞いてみて!町の歴史や、お店の名前の由来を丁寧に教えていただけます。楽しい時間になること間違いなしですね。

PM17:30 家族へのお土産も忘れずに♪【お土産さがし】

●佐原ならではのお土産やジェラートも!
家族へのお土産には、佐原ならではのものを選びましょう。今回は「油茂製油」に立ち寄り、こだわりのラー油をお買い上げ。カラフルなパッケージが可愛く、どれにするか迷ってしまいました。また、お腹に余裕があるようなら、「ぶれきめら駐車場」の敷地内にある「お休み処」の、特製醤油ジェラートもぜひ試してみて。地元佐原の老舗店、正上醤油の醤油をつかった香ばしい味は、まるでみたらし団子のよう。佐原ならではのジェラートです。

PM18:00 佐原で味わうグルメと素敵な夕べ【夢時庵】

●古民家フレンチでディナー
佐原の1日の締めくくりに選びたいのは、とびきり素敵なディナー。川のせせらぎを聴きながら、こだわりのフレンチを味わうなら、おすすめはここ夢時庵(ムージャン)です。明治34年の建造物を改装した店内は上品で、ご家族の誕生日や記念日など特別な日をお祝いするのにもぴったり。2階の半個室で、お料理の説明を聞きながら、美味しい期待が高まります。

●大満足のシェフおすすめコース
3種類のディナーコースの中から、今回は「シェフのおすすめディナーコース」を。2種類から選べるお肉料理は、千葉県産“しあわせ絆牛”サーロインのグリルをチョイスしました。ミディアムレアに焼かれた牛肉をいただけば、口いっぱいに旨味がぎゅっとひろがり、みんなで笑顔に。お魚料理は、銚子港から水揚げされたものを、シェフこだわりの調理法でいただきます。それ以外に、アミューズ、サラダ、スープ、デザート、自家製パンとコーヒーがついてきます。どれをとっても、南仏を中心にミシュラン星の名店で修行したシェフのおもてなしが光ります。

●また,来ようね。と思わずにいられない格別なひととき
シェフのお料理の美味しさに加え、特別感のあるお店の雰囲気と丁寧な接客も評判。地元の方から観光客の方までリピーターも多いそう。記念日には飴細工をつかったメッセージプレートもあり、心配りが行き届き、あたたかな気持ちで満たしてくれます。どのお料理も素材を吟味してひと手間かけられていて、幸せな時間が過ごせること間違いなし。佐原で過ごす1日を締めくくるのに、ぴったりのお店です。

●掲載の店舗情報

[いなえ]
住所:千葉県香取市佐原イ 511
定休日:水曜日
営業:10:30~17:00

[東薫酒造]
住所:千葉県香取市佐原イ 627
電話番号:0478-55-1122

[遅歩庵いのう]
住所:千葉県香取市佐原イ1721-12
定休日:不定休
営業:10:00~17:00

[夢時庵]
住所:千葉県香取市佐原3403-2
定休日:火曜日
営業:【ランチ】11:30~14:00(L.O.)【ディナー】17:30~21:00(L.O.)

千葉の小江戸、水郷の町、佐原のグルメと観光スポットをご紹介した今回の特集はいかがでしたか?気軽な女子旅として、またファミリーや年配の方のひと味違った休日の楽しみ方としてもおすすめです。7月と10月には佐原の大祭が開催されるので、そのタイミングでいってみても楽しいですね。
※掲載の記事と写真は平成30年10月1日のものです。

Page Top